2005年04月17日

L1第2節vsさいたまレイナス戦(Live)

結果は2−3で敗れた試合で、負けて言うのもなんだけど、
ハッキリ言って今年のレイナスは怖くない!
昨年末に守備陣が全員怪我の状態でボッコボコにされたときは、
ベストでも虐殺は必死だなって覚悟はしていたが、今日の内容ならウチでも勝てる!
今日に関してはウチが取りこぼしたっていう思いのほうが強かった。
簡単に試合の流れを説明すると、
前半からレイナスが押し気味に進めながらも、最後のパスが通らない。
しかし、前半14分、終始ディフェンスがスカスカだったサイドからクロスを上げられて
ゴール前で競り勝った若林がヘッドで押し込んで先制!0−1
前半35分ごろ、ベル泉とレイナス木原が競り合った際に泉が倒れて負傷退場
泉out杉本in
前半40分1点目と全く同じ状況で全く同じゴールで 0−2
湯郷ベルも加戸、田中、宮間が果敢に斬り込んで行くも
サポートの動きが乏しく効果的なアタックが達成されないまま前半終了。
後半開始直後、ロングボールをレイナスDF陣が加戸に競り負けループで打ったシュートが
入って1−2(ちなみに加戸は中学生です。フィジカル強いけどね。)
レイナスの失点シーンは♂の清水戦のチョジェジンのゴールと似たような漏れっぷりです。
その直後にレイナス木原が豪快に叩き込んで1−3・・・_| ̄|○
しばらくの間レイナスがサイドから攻め込んで行くも詰めが甘くゴール決まらず。
後半30分ごろ加戸out中田in
このころから湯郷ベルがサイドからの攻撃が意識的に生まれ始める。
後半44分サイドに流れた中田が基点となって宮間が流し込んで2−3
直後同じような展開から福原がシュートを放つが宇宙開発。
そのままタイムアップ2−3でレイナス勝利。

サイドでの攻守の意識があまりにも無さ過ぎる事により、
チャンスも少なければ、またピンチも多い。
サイドでのディフェンスに入るポジショニングが中に絞りすぎているため
縦に放り込まれる事が多く抜かれやすくなっている。攻撃もしかり。
全体的に判断の遅さがサポートの薄さを発生させ前線の孤立化を増大させている。
取りあえず、それだけでも改善すればかなり良くなる。

ついでに採点
福元:6.0 1,2点目の失点シーンはフィールドプレーヤーの責任であってキーパーの
      責任ではない、ただし、失点を招かないためのコーチングはもっと密に。
そうすれば2点目は防げたかも?
城地:5.0 全般的には無難な出来、可も無く不可も無く。
赤井:5.0 上に同じ、ただしフィードは、もっとシンプルに・・・
藤井:5.5 失点シーン以外は完璧。惜しむべきは失点シーンで競り負けたことか・・・
佐藤:5.0 必死に踏ん張ったが、ボランチとの連携がイマイチ、だからしんどい。
福原:4.5 酷なことを言うがドイスボランチなら双方でバランスを取らないとダメ!
一緒になって上がるからバイタルエリアがスカスカになる。
北岡:4.0 試合開始早々から攻守に焦りすぎ、落ち着いてやれば大きなミスは減る。
泉 :4.5 負傷退場は痛いが、良かれ悪かれ、いつもの"いずやん。"
      サイドの守備でのポジショニングをもう少し外に寄せれば後ろは助かる。
杉本:5.0 スクランブルで入ったが可も無く不可も無く・・・ただしマークの確認は
      入ったら一番にやる事。
宮間:6.5 2点目のゴールはお見事!惜しいシュートもあったが、致し方ない。
      もっと周囲への指示を出せば囲まれても楽になる。
加戸:6.5 1点目のゴールは文句無しの出来!戦略的とはいえ途中交代は勿体無かった。
中田:6.0 この試合ではスーパーサプで登場、見事に流れを変えて2点目を演出。
      もう少し早くから出ていれば・・・・
田中:5.0 前線で頑張るもサポートが加戸一枚ではツライ。仕方が無いか・・・

本田:5.0 相手が年末にボコボコにされたレイナスでは積極的なギャンブルは
      難しかったか?

レイナス総括:監督は田口に戻したほうがいいんじゃないの?・・・
       去年の怖さはまるで無かった
posted by のりっっく at 21:06| 岡山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アラサガシでごめんなさい!!福本のもとの字は元が正しいと思うのですが??
Posted by M at 2005年04月17日 23:05
すんません、直します
Posted by のりっっく at 2005年04月18日 22:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。