2005年04月10日

第一節 東電マリーゼ vs湯郷ベル(TV)

前半開始早々にお団子状態でのピンチを凌ぎ切ったあとは、
しばらくの間押し込む場面が続く、
中田麻衣子のいろんな意味でのファンタジスタぶりにマリーゼDF陣が混乱状態に・・・
しかし、左サイドで丸山に粘られDFが釣られた所をクロスを上げられて失点
しかし、前半38分に宮間のコーナーキックから佐藤シェンネンが押し込んで同点。
1−1で前半終了。
後半はしばらくお互いに決定的な場面を潰し合いながらも16分
丸山が1人で持ち込んでマリーゼ2点目
ここから、どうも守備のバランスが崩れ始め丸山が目立ち始める。
中田out鎌田in
赤井out藤井in
後半28分、丸山のチェイシングにディフェンスが慌ててクロスを上げられて3点目
後半30分右サイドの混戦からクロスを上げられてどフリーでヘディングで押し込まれ4点目
後半38分ゴール前の中途半端なクリアを押し込まれ5点目
このまま終了、1−5で初戦敗北

戦力の彼我は判っていた事だから仕方が無い。
これから、何が必要か分かった事が最大の収穫だろうし、
これを糧にしていかなければいけない。
修正はそんなに難しいところじゃないから何とかなるだろう。



次はレイナスか・・・厳しいな・・・・
posted by のりっっく at 14:53| 岡山 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに厳しいね、厳し過ぎるかな?でも私たちに出来るのは信じる事だけ、そうは思いませんか?
Posted by M at 2005年04月11日 13:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。